サイト管理人のブログです。

江戸時代の航海技術

歴史館の大展示スペースに入ってすぐ目につくのが、江戸時代に活躍した千石船の四分の1縮小模型です(^▽^)/当時の航海技術をすこしご紹介しましょう。当時は「地乗(じの)り」といって、陸岸近くを航海していました。そして出帆するときは、航海するのによい風と潮を待って出帆しました。このことを「風待ち」「潮待ち」「日和待ち」といったそうです。「待てば海路の日和あり」「潮時を待つ」などのことわざは、当時の船乗りの言葉に由来しているともいわれていますよ~

夜着のこと

歴史館の「着物の世界」展示コーナーでは、「夜着(よぎ)」に注目される方が結構いらっしゃいます。夜着は着物のかたちをした大きな掛け布団のこと。中には綿がたっぷりと入っていて、とても暖かいそうですが、実際にはどのくらい使われていたのでしょう。

明治20年頃の田舎館村の生活ぶりを記録した佐藤末吉編「昔の農村」(昭和15年)によると、当時、夜着は大抵の家庭で大人一人に一枚の用意があるくらいで、裕福な家でなければお客様の分は用意がなく、また敷布団はお客様か病人でなければ使わなかったそうです。裕福な家では畳を敷いて敷布団を、そうでない家では乾燥した藁を厚く敷き、その上に筵を敷き、さらにその上に茣蓙を敷いて寝たといいます。貧しい家では、夜着といっても襤褸(ぼろ)夜着で、それすら持たない人もいたといいます。

みちのく丸グッズのこと

歴史館のショップでは、復元北前型弁才船「みちのく丸」(野辺地町所有)のグッズをいろいろと扱っております(^▽^)/そのうち扇子は残りわずかとなりましたので、お早めにどうぞ。そのほかみちのく丸クリアファイルやみちのく丸ペーパークラフトについては、まだまだ在庫がありますので、どうぞお立ち寄りくださいませ~🎶

 

高校生が世界遺産登録を目指して頑張ります!

6月1日(土)・7月1日(日)の2日間、「高校生とともに学ぶ世界遺産登録を目指す縄文遺跡群学芸員なりきりツアー」が行われます。6月1日(土)は歴史館を会場に、小学5年生から中学3年生までの参加者20名が博物館のさまざまな役割や活動を学ぶ予定です。同ツアー実行委員会代表の児玉和奏さんから一言、「みんなで頑張りますので、私たちの活動を応援してください!」

新きものリメイクグッズ製作中♪

今日5月18日(金)はあいにくのお天気です。家のなかで過ごしたいこんな日は、昔なつかしい遊び「お手玉」はいかがでしょう?歴史館ショップでは近日中にきものリメイクのお手玉を販売します(^▽^)/お手玉やめんこなど、伝統的な日本の遊びを紹介した書籍も扱っていますので、ご一緒にどうぞ~♪