企画展「藍をまとうー美しさと生活の知恵ー」

「津軽こぎん刺し着物」「南部菱刺し着物」「裂織の仕事着-サグリ」「つづれ刺し着物」など、青森県の風土が育んだ特徴ある着物類はすべてが藍で染められています。これらを一堂に展示し、着物の種類による比較、地域による藍染の色彩の相違、また藍の奥深さを紹介します。
(展示資料:青森県指定有形民俗文化財「青森の刺し子着」青森市教育委員会所蔵)
会 期 10月15日(土)〜3月12日(日) 9〜17時
休館日 12月29日(木)〜1月3日(火)(年末年始)
入館料 一般310円、大学生・高校生160円、70歳以上と中学生以下は無料(常設展も見学可能)


 

企画展関連事業 ワークショップ

■こぎん刺し①まとうものに刺す②しおり作り(どちらか選択)→終了しました。ブログにて開催の様子をお知らせしています。
①こぎん刺しの模様を衣類やハンカチ、バックなどに刺してみましょう。藍染糸など様々な糸を用意していますので、布の雰囲気に合わせて色選びや配置を一緒に考えましょう。【持ち物】お好きなアイテムをご持参ください。布目が見えないものでも「抜きキャンバス」を利用するので大丈夫です。
②しおり作りは初めての方もお気軽にどうぞ。【持ち物】なし

11月6日(日)
10:00〜11:30→定員になりました
13:00〜14:30→定員になりました
11月9日(水)
10:00〜11:30→定員になりました
13:00〜14:30定員になりました。

定員:各回5名(電話申込順)
講師:工藤夕子氏「三つ豆」
青森県指定伝統工芸品製造所
参加費:1800円(材料費・入館料込)
※申込み:10月18日(火)9:00より電話受付。017-763-5519まで。


■藍染布でつくる裂織のミニセンター→終了しました。ブログにて開催の様子をお知らせしています。
藍染布3種類と草木染布2種類を裂き、卓上織機で織ります。

日時:11月23日(水・祝)
10:00~11:30→定員になりました
13:00~14:30→定員になりました

定員:各回6名(電話申込順)
講師:村上あさ子氏「テキスタイルスタジオ村上」青森県指定津軽裂織伝統工芸士
参加費:3000円(材料費・入館料込)
※申込み:11月4日(金)9:00より電話受付。017-763-5519まで。

 

■作品販売

企画展期間中ショップにて、津軽裂織(村上あさ子氏)、こぎん刺し(三つ豆・工藤夕子氏)、南部菱刺し(北向春枝氏)の作品を販売しています!企画展「藍をまとうー美しさと生活の知恵ー」にちなんで、藍染め布や藍染め糸を使った作品を中心にご用意していますので是非この機会にどうぞ。

*藍の効能* 防虫、消臭、殺菌、抗ウイルス等、様々な効果・効能があります。

館内イベント

 

「昔のあそびコーナー」入館者参加無料・随時受付

◆昔のあそびを体験できます!こま(ずぐり、逆さこま、すもうこま、三段こま)、紙相撲(自分で力士を作ることもできます!)、けん玉、めんこ、お手玉、だるま落とし、はごいた、はしごだるま、輪投げ、ぱたぱた…などで遊べます。

おすすめ!
「ずぐり」
雪国津軽地方伝統のこま。床だけではなく雪の上でも回すことができるのが特徴で、青森県伝統工芸品に指定されています。
雪の上でも回せるように“立ち子”と呼ばれる軸の部分が太く、中はすり鉢状で色鮮やかです。雪を固めてアイスバーン状に作った“盤コ(ばんこ)”と呼ばれる雪の土俵で、ずぐり縄を使って回して遊びます。
「ずぐり」とは、頭をくりぬいているという意味で、漢字で「頭繰り」と書きます。形の違いで「かぶずぐり」と「皿ずぐり」があります。
ずぐりは津軽系伝統こけし工人が作ります。ずぐり作りは削る、えぐる、曲線を出すといったこけし作りに必要な基礎技術が詰めこまれているため、こけし作りの修行を始める際にまず師匠からずぐり作りを学ぶとされます。

津軽系こけし工人 小島 利夏 工人 作
左:かぶずぐり(野菜のかぶのような、丸みをおびた形のずぐり)2.5寸(直径約8㎝)
右:皿ずぐり(かぶずぐりに比べてエッジがある、お皿型のずぐり)2.5寸(直径8㎝)
手前:ずぐり縄(ずぐりに巻いて回すワラの縄。ロープでも代用できますが、ワラの方が滑りにくく力が入りやすいです。)

 

「青森のなぞなぞクイズラリー」入館者参加無料・随時受付

展示室内15か所の謎に挑戦!!挑戦した方には選べる記念品もあります
謎の近くにはヒントがあるのでお子さんでも楽しめます。みんなで挑戦してみましょう!

※津軽地方で古くから親しまれてきた「なぞなぞ」「ことわざ」に関する問題のクリズラリーです。
参考文献:佐々木達司「青森県なぞなぞ集(新版)」(青森県文芸協会出版部,2006年)、「津軽ことわざ辞典(第三版)」(青森県文芸協会出版部,1995年)